ろ過/ろ過装置とは

ろ過とは

水中に含まれる汚濁物質を物理的にきれいにすることです。

ろ過装置とは

浴槽・プールなどの水をろ過タンクに送り、ろ過材を通過させ、汚濁物質を除去して、浴場・プールなどに 還流させる装置です。
ろ過装置周辺機器についても説明致します。

名称 はたらき
①ヘアキャッチャ 浴槽水の毛髪・糸クズなどを内部ストレーナで取ります。
②ろ過ポンプ 浴槽水を吸い込み循環作業を行います。
③温度センサ 循環水の温度を測ります。
④切替弁(五方弁) ろ過運転・逆洗・洗浄運転の切り替えを行います。
⑤ろ過タンク ろ過材を充填してろ過を行います。 ※ろ過タンク本体構造・ろ過材参照
⑥頭部部品 自動空気抜き弁:運転開始時ろ過タンク本体に入った空気を自動的に抜きます。
圧力計:ろ過タンク内部の圧力を表示します。
⑦自動残留塩素濃度制御装置 高精度な残留塩素濃度測定を行います。
⑧熱交換器 一次側の熱を二次側に伝え、ろ過水を適温にします。
⑨温調三方弁 温度センサ(③)の信号により水温の調整を行います。
⑩適温補給水ユニット 温水と冷水をミキシングして補給を行います。
⑪制御盤 各種運転の制御を行います。
⑫水位計 水位の調整を行います。
⑬薬注継手 薬注装置を接続します。
⑭逆洗排水バルブ 逆洗流量を調節します。
⑮排水弁 ろ過タンク本体の排水を行います。

ページTOPへ