プールの安全標準指針

プール利用者の安全確保のため、プールの施設面、管理・運営面で
参考となる留意事項等について統一的な指針として発表されました。

詳細は、国土交通省ホームページをご覧ください。
→ 法規リンク集「プールにおける安全基準等の指針・通知」

平成19年3月29日
文部科学省・国土交通省 発表

●指針の位置づけ

国の技術的助言として、プールの施設面、管理・運営面で
配慮すべき事項について、関係省庁が統一的に示したもの

●対象となるプール

遊泳用プールのうち、以下のものを対象とする

  • ・学校プール
  • ・社会体育施設としてのプール
  • ・都市公園内プール
 

以下は、参考としての活用を期待するもの

  • ・公営プール
  • ・民営プール
  • ・その他のプール施設

●施設基準

プール全体

  • ・救命具設置、プールサイドを滑りにくくするなどの事故防止対策を必要とする
  • ・必要に応じ備えることが望ましい施設(監視室・救護室・注意看板等)を明記

排水口・環水口

  • ・二重構造の安全対策を施すなど、基準を統一した (以下引用)
引用符左  
2-2 排(環)水口
吸い込み事故を未然に防止するため、排(環)口の蓋等をネジ、ボルト等で固定させるとともに、配管の取り付け口には吸い込み防止金具等を設置する等、二重構造の安全対策を施すことが必要である。
排(環)水口の蓋等、それらを固定しているネジ、ボルト等は、接触によるけがを防止できる仕様とすることや、蓋等の穴や隙間は、子どもが手足を引き込まれないような大きさとする等、材料の形状、寸法、材質、工法等についても十分な配慮が必要である。
引用符右

●安全管理

安全管理上では、以下の項目を特定・明記した

  • ・安全管理上の重要事項
  • ・管理体制の整備
  • ・プール使用期間前後の点検
  • ・日常の点検及び監視
  • ・緊急時への対応
  • ・監視員等の教育・訓練
  • ・利用者への情報提供

→ 法規リンク集「プールにおける安全基準等の指針・通知」

ページTOPへ