SDGsへの取り組み

SDGsとは…
SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、2015年に国連で採択された「2030アジェンダ」に掲げられた、国際社会全体で取り組むべき世界共通の目標です。「変革すること」「誰一人取り残さない」を重要な理念とし、国・自治体・企業・市民などすべてのステークホルダー(組織が活動を行うことで影響を受ける利害関係者)が役割を担い、17のゴール(目標)とそれを具体化した169のターゲット(更に細分化された244の指標もあります)の達成を目指して取り組みます。
そして、SDGsは「持続可能」とあるように、経済・社会・環境の3つの側⾯のバランスが取れた社会を⽬指します。
詳しくは>Japan SDGs Action Platform(外務省ホームページ内)


ショウエイSDGs宣言

当社は従来より、「水とともに人にやさしく」をキーワードに、主力製品である温泉ろ過装置やプールろ過装置等を通して環境問題に対して貢献できる企業を目的として活動してまいりました。
また、「雇用の創出は企業の大きな目的・役割のひとつである」という考えの下、採用活動を積極的におこなっています。
今後はSDGsの取り組みを通して、環境へのさらなる貢献と、ステークホルダーの皆様・従業員を含めた社会の繁栄に寄与できることを目指します。
その一つとして、2021年にコンプライアンス宣言を制定し「公正な経済活動に関する宣言」をおこないました。
  →ショウエイ コンプライアンス宣言

ショウエイのSDGsへの取り組み

当社では、「水とともに・人にやさしく」をテーマに、本業であるろ過装置と周辺機器の製造販売、関連サービスの提供を通じてSDGsに取り組んでまいります。
ろ過装置の開発・製造販売・メンテナンスによって、水環境の保全を図ります。
14.海の豊かさを守ろう
浴槽やプールの水をろ過して再利用することで、使用する水や排水の量を減らします。
6.安全な水とトイレを世界中に
雨水ろ過装置によって、上水の使用量を削減できます。
雑用水槽の水を飲料用にできる「非常用飲用水供給装置」は、災害が発生したときの飲み水確保に役立ちます。
13.気候変動に具体的な対策を
ろ過装置によって水環境の保全をおこなうほか、省エネシステムを導入することで温室効果ガスの発生抑制にもつなげます。
ろ過装置に関連した省エネシステムをご提供します。
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
ポンプの消費電力や、水を昇温する熱エネルギーを削減します。
会社見学や近隣の学校への出張授業などをおこないます。
4.質の高い教育をみんなに
会社見学や出張授業などを通じて、次世代を担う方々へ向けた環境教育をおこないます。
17.パートナーシップで目標を達成しよう
地域の行事での出前授業もおこなっています。
バリアフリー設備をもち、幅広い方にお越しいただける用意をしています。
10.人や国の不平等をなくそう
専用の駐車スペース,入口のスロープ,車いす用トイレを整備しています。
私たちの活動自体も、環境にやさしい場所でおこなっています。
ISO14001(環境マネジメントシステムの国際規格)に基づき、環境に配慮した活動をおこなっています。
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
デマンドによる節電活動(同時に使用する電力が一定の値以上になると警報が出る)などもおこなっています。
13.気候変動に具体的な対策を
環境にやさしい本社社屋は、CASBEE川崎:Sランクに準拠した建物で、風力発電・太陽光発電や雨水利用(自社製雨水ろ過装置使用)を実践しています。
「社会へ貢献することが企業の価値である」という考えの下、自社だけが潤うのでなく、お客様や仕入先様とともに成長できることを目指します。
16.平和と公正をすべての人に
汚職や贈収賄、談合を禁止し、不正競争に関与せずフェアな取引をすすめています。
2021年にコンプライアンス宣言をおこないました。
メーカーとして、お客様への技術的/事務的サポートを素早く・的確におこなっていきます。
12.つくる責任 つかう責任
お客様対応窓口(メンテナンス担当部署)を設置し、ご使用中の機械の操作方法や不具合に関するお問い合わせに対応しています。
素早く対応するため、全国に拠点を設けました
4.質の高い教育をみんなに
社内の勉強会や外部研修への参加、資格取得などを奨励しています。
外部研修の費用や資格受験の費用は、一部会社で負担します。
従業員が働きやすい環境を整備し、人にやさしい職場をつくります。
3.すべての人に健康と福祉を
残業時間の上限を設け、長時間労働を抑制する取り組みをおこなうとともに、カウンセラーや保健師への相談体制を設け、心と体の健康維持に取り組んでいます。
8.働きがいも経済成長も
作業中や社内での事故などを防ぐための安全対策ルールを定めています。

かわさきSDGsゴールドパートナー

本社のある川崎市では、市自体での取り組みと同時に、独自の認証制度として「かわさきSDGsパートナー」制度が設けられています。
 ・かわさきSDGsパートナー    …これから取り組もうとしている会社が登録する
 ・かわさきSDGsゴールドパートナー…既にいくつか取り組みを進めている項目がある会社が認証を受ける
当社は、2021年6月の第2回募集に応募し、「かわさきSDGsゴールドパートナー」として認証されました。
かわさきSDGsゴールドパートナー ショウエイ認証書
当社は、ろ過装置を通じて、省資源(水),省エネルギー(ポンプ等の消費電力・昇温時の熱)につながる製品の開発・製造・販売をおこなっています。今後も製品・システム・サービスのさらなる改良・開発と普及に努めてまいります。
また、2013年1月より「環境教育等の体験の機会の場」の認定を受けており、小・中学生の環境教育・学習にご協力させて頂いております。

※当社の環境教育は、「ろ過装置を利用した 水、熱、電気の省エネ」をテーマに、ろ過実験・環境配慮型社屋の見学を通して水の大切さを学べる内容となっております。ご依頼・ご相談は、ショウエイHPお問合せフォームよりご連絡ください。


かわさきコンパクト
「かわさきSDGsパートナー」制度が始まる前に、川崎市でおこなわれていた事業。
グローバルな視野から設定した課題に対し、川崎の市民・企業・行政等の連携によって解決を目指す取り組みです。当社も、「地球環境保全に関する製品の開発・製造販売」「ISO活動」を通じて、かわさきコンパクトに賛同、取り組んできました。
かわさきコンパクトは2018年に発展的解消しましたが、当社の活動記録を以下のページに残しております。
ショウエイのかわさきコンパクト活動記録



ページTOPへ