パッケージ型ろ過装置 SPNシリーズ

パッケージ型ろ過装置 SPNシリーズ

1 優れた耐蝕・耐候性

特殊FRP製。優れた耐蝕性で温泉・海水だけでなく、気候の変化にも十分対応します。

2 優れた耐熱・保温性

他のプラスチック製品以上に熱に強く、高い電気絶縁性を保持。鋼板製、ステンレス製に比べ熱伝導率は1/50。約40%の省エネ効果がのぞめます。

3 SBEM(オプション)

オンラインのメンテナンス通信システムで異常や故障を監視します。

4 自動残留塩素濃度制御(オプション)

浴槽内の遊離残留塩素濃度を自動制御して、大腸菌・一般細菌の繁殖・伝染を抑止すると共に厚生労働省のレジオネラ症防止対策に明記されている、浴槽水中の遊離残留塩素濃度を常に0.2~0.4mg/Lに保つことが自動的に行えます。

5 塩素濃度記録計:データロガー(オプション)

浴槽循環水の塩素濃度を記録紙に記録しますので、濃度管理に人手が掛からず省力化できます。

6 ろ過材汚れセンサ(オプション)

ろ過タンク内の圧力を感知して、ろ過材の汚れ状態を知らせます。オンライン監視システムとの接続により、タイムリーなとろ過材交換が可能となり安心してろ過装置をご使用いただけます。

7 トルネード逆洗装置(オプション)

ろ過材上部に補足された汚れを渦巻き流により撹拌洗浄して逆洗効率を高めますので洗浄用ろ過水の節約と、ろ過材をきれいな状態に保ち寿命を長くして、交換時期を延ばす事ができ、経費の節約ができます。

ページTOPへ