【製品pickup】自動残留塩素濃度制御装置 Hyper純

お知らせ2014年6月30日

レジオネラ属菌への感染事故が相次いでおります。施設の安全管理には十分お気を付けください。

ショウエイでは、以前よりレジオネラ属菌対策をはじめとする、安全ソリューションを展開しております。
 

データログ付自動残留塩素濃度制御装置

自動で残留塩素濃度管理を行い、従来の一定タイマ注入方式から起こりうる
塩素濃度の過不足発生から浴槽を守ります。

タイマによる塩素注入は、入浴者数増減に関係なく注入を行うので、
残留塩素濃度のムラが発生しやすく、確実に水質を守ることができません。

 

また、調整の難しい濃度管理を、高精度で行います。
厚生労働省告示健衛発第95号(平成13年9月11日)の指針にある
“毎日の濃度管理記録(3年以上の保管義務)”も、データロガーによる自動保存で対応します。

「データログ付自動残留塩素濃度制御装置」の製品情報へ

 

 



ページTOPへ