ベイジングビジネスをリードするシステムサービス。

企業情報採用情報サイトマップ


HOME > レジオネラ症対策製品のご紹介

レジオネラ症対策製品のご紹介

レジオネラ症対策フロー図

レジオネラ対策システムでは、滅菌・滞留水防止・クロスコネクション防止を行います




ショウエイの安全システムを動画でもご覧いただけます


全通水型FRP製ろ過タンク

集水管タイプろ過装置の場合、滞留水が発生

集水管タイプのろ過タンクは、底部に滞留水が発生し、レジオネラ属菌の温床となる危険があります。


↓
ショウエイの全通水型ろ過装置は、レジオネラ属菌の温床となる滞留水が発生しません

“滞留水”は発生しませんので、レジオネラ属菌の温床にもなりません。タンク内完全排水が可能です。


非接触型電子式水位制御装置

従来の電極棒式水位計では、水位検知管や連通管に湯が滞留するため、レジオネラ属菌が繁殖します
↓
ショウエイの非接触型電子式水位制御装置は水位検知管や連通管がなく、湯の滞留が発生しないため清潔です

滞留水の発生しない「非接触型電子式水位制御装置」により、
厚生労働省告示第264号(平成15年7月25日)の指針に対応したレジオネラ属菌対策に貢献。
水位計用配管が不要となります。


高温・高濃度滅菌ろ過システム

高温・高濃度滅菌ろ過システムではバイパス配管を使用するので、浴槽の温度は上がりません

浴槽の入口・出口にバイパス回路を組み込み、浴槽水の交換時期を考慮して
定期的に循環水を高温65℃〜70℃に昇温し、配管経路の高温滅菌消毒を行います。
特にアルカリ温泉に対しては、レジオネラ属菌への対策として最小量の薬品でバイオフィルムの除去を行う効果的な方法です
厚生労働省告示第264号(平成15年7月25日)の指針に対応した
レジオネラ属菌対策に貢献致します。


データログ付自動残留塩素濃度制御装置

自動で残留塩素濃度管理を行い、従来の一定タイマー注入方式から起こりうる
塩素濃度の過不足発生から浴槽を守ります。

タイマーによる塩素注入では、一定間隔・一定量で塩素を注入します

タイマーによる塩素注入は、入浴者数増減に関係なく注入を行うので、
残留塩素濃度のムラが発生しやすく、確実に水質を守ることができません。

↓
ショウエイのデータログ付最新型自動残留塩素濃度制御装置は、自動で必要な時・必要な量だけ注入、濃度エラーの警報も発信します

調整の難しい濃度管理を、高精度で行います。
厚生労働省告示健衛発第95号(平成13年9月11日)の指針にある
“毎日の濃度管理記録(3年以上の保管義務)”も、データロガーによる自動保存で対応します。


自動逆洗浄機能付ヘアキャッチャ

自動で清掃を行う、画期的なヘアキャッチャ。
清掃忘れ、清掃不良などの人為的ミスから水質を守ります。

手作業によるヘアキャッチャの清掃は、大変手間がかかるばかりでなく、作業者によって清掃レベルが異なる場合があります
↓
ショウエイの自動逆洗浄機能付ヘアキャッチャは、自動で清掃を行うだけでなく、塩素による消毒も同時に行います

厚生労働省告示第264号(平成15年7月25日)の指針
「ろ過器の前に設置する集毛器は、毎日清掃すること」に沿った、毎日の清掃を自動で・確実に行うことが可能。
逆洗時に自動で高濃度塩素滅菌を行い、レジオネラ属菌対策としても貢献します。




ショウエイの安全システムを動画でもご覧いただけます

▲ページTOPへ
神奈川県川崎市幸区新川崎2-6 TEL:044-589-1601 FAX:044-589-1602 
Copyright 1997-2017 SHOEI CO.,LTD All rights reserved.